top of page
検索
  • 執筆者の写真info458795

ヨガ RYT500 継続して学ぼう 養成コース卒業後の継続勉強の方法5つ


こんにちは、ヨガ講師育成トレーナーのKenです。


ヨガ RYT500 継続して学ぼう 養成コース卒業後の継続勉強の方法5つについて解説してきましょう。



ヨガ RYT500 継続して学ぼう 養成コース卒業後の継続勉強の方法5つ
ヨガ RYT500 継続して学ぼう 養成コース卒業後の継続勉強の方法5つ


今回はRYT200などのヨガ講師養成コース卒業後の継続学習方法についてお話しします。

卒業後も勉強を続けるための5つの方法を紹介しますね。


1. フィードバックを受ける(壁打ち)

まず、フィードバックを受けることが大切です。 養成期間中は先生からフィードバックをもらえていたかもしれませんが、卒業後はそれが難しくなります。再度コースに参加して、フィードバックを受ける授業にだけ出るのも一つの方法です。同じ授業だと2回目からは半額で受講できたりするので、再参加する価値はあります。


2. 尊敬する先生のクラスに参加する

次に、自分が尊敬する先生の一般クラスやオープンクラスに参加しましょう。先生から直接フィードバックはもらえないかもしれませんが、先生の教え方やクラスの進め方を学ぶことができます。RYT200やRYT500を卒業した後でも、継続的に学びを深めることができます。


3. ノートを取る

フィードバックや先生のクラスに参加したら、必ずノートを取ることが大切です。できれば録画を購入して文字起こしし、シークエンスや先生の言葉をしっかり書き写すと良いでしょう。これにより理解が深まります。


4. 自己練習を続ける

自己練習も非常に重要です。同じ動画を何度も見たり、同じ動きを繰り返し練習することで、基本的なスキルが身に付きます。新しいことを学ぶよりも、今まで学んだことを完璧にすることを目指しましょう。RYT200やRYT500で学んだ内容を繰り返し練習することで、技術が確実に身に付きます。


5. 横展(他の分野から学ぶ)ヨガ RYT500

最後に、ヨガ以外の分野から学ぶことも役立ちます。例えば、ピラティスやストレッチなど、他のエクササイズの動画を見ることも有効です。また、他の分野の一流の先生から教える技術を学び、それをヨガに応用することもできます。これにより、RYT200やRYT500で学んだ内容をさらに発展させることができます。



番外編: 先生とのコミュニケーション

フィードバックをもらうために、先生とのコミュニケーションを密にすることも大切です。定期的にクラスに参加したり、イベントに参加したりして、先生に自分を覚えてもらう努力をしましょう。



これらの方法を実践して、養成コース卒業後も継続的に学び続けてください。




養成コース卒業後の継続勉強の方法5つについては、詳しくは動画にもお伝えしているのでこちらをご覧下さい。













ではまた。


閲覧数:11回0件のコメント

コメント


bottom of page