top of page
検索
  • 執筆者の写真info458795

RYT500 オンライン 2024年以降もヨガ資格がオンラインで取得できるようになった理由!


こんにちは、ヨガ講師育成トレーナーのKenです。


RYT500 オンライン 2024年以降もヨガ資格がオンラインで取得できるようになった理由!について解説してきましょう。



RYT500 オンライン 2024年以降もヨガ資格がオンラインで取得できるようになった理由!
RYT500 オンライン 2024年以降もヨガ資格が オンラインで取得できるようになった理由!


2024年以降も全米ヨガアライアンスのRYT200、RYS300、RYT500などの資格がオンラインで取得できることになりました。まだ混乱している方や真実を知らない方もいるようなので、再度お知らせします。


つまり、2024年以降もオンラインでのヨガ資格取得が認められているので、安心してください。一部のスタジオでは「今年でオンラインが終わる」といった誤情報を流しているところもありますが、これは完全な誤りです。「今年中に取得しないとオンラインでは取れなくなる」という煽りに惑わされないようにしましょう。


オンラインでの資格取得が引き続き認められている理由は、効果があったためです。私も全米ヨガアライアンスに確認を取りましたが、オンラインでの資格取得が今後も認められることが確認されました。ただし、対面での指導も推奨されており、200時間のトレーニングのうち30時間は双方向の対面授業が必要です。この30時間はオンラインでも対面でも構いませんが、しっかりとお互いに確認しながら行う必要があります。


残りの170時間は独学や自習、ビデオを見ての学習でも問題ありません。私の学校でも30時間以上は対面での指導を行っていますが、それ以外の時間は知識の暗記や自主学習に重きを置いています。


ヨガの練習や柔軟性、筋力のトレーニングも重要ですが、ティーチングの練習や正しい知識を学ぶことがさらに重要です。車の運転と同じように、まずは法規をしっかりと覚えないと事故を起こす危険があります。ヨガも同様に、最初の200時間は正しい知識を正しく覚えることが大切です。


したがって、全米ヨガアライアンスも30時間は対面での指導を求めていますが、残りの時間は自宅での学習で十分です。オンラインでの資格取得が認められている理由は、個々の学習者が自分のペースでしっかりと学べるからです。


正しい情報をもとに、安心してオンラインでヨガ資格を取得してください。適切な学校を選び、質の高い教材を使って学びましょう。RYT200、RYS300、RYT500の資格は2024年以降もオンラインで取得可能ですので、自宅で落ち着いて学習してください。ただし、30時間以上は対面での学習が必要ですので、その点を考慮して学校選びをしてください。



今日は、RYT200、RYS300、RYT500のヨガ資格が来年度以降もオンラインで取得可能であることを改めてご報告しました。



2024年以降もヨガ資格がオンラインで取得できるようになった理由!については、詳しくは動画にもお伝えしているのでこちらをご覧下さい。











ではまた。


閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page