top of page
検索
  • 執筆者の写真info458795

ヨガ RYT500 E-RYT500 全米ヨガアライアンスのゴールを取得するまでの道のり

更新日:5月21日

こんにちは、ヨガ講師育成トレーナーのKenです。


ヨガ RYT500 E-RYT500 全米ヨガアライアンスのゴールを取得するまでの道のりについて解説してきましょう。



ヨガ RYT500 E-RYT500を取得するまでの道のり
ヨガ RYT500 E-RYT500を取得するまでの道のり


日本における ヨガ RYT500/E-RYT500取得の現状

日本では、RYT500やE-RYT500の取得者が少ないため、もっと多くの人にこれらの資格を取ってもらいたいと思っています。ヨガの先生が増えれば、ヨガ全体の人口も増え、日本全体が健康になると願っています。そのため、ヨガの先生を育成することがE-RYT500の役割となります。


E-RYT500取得の流れ

E-RYT500の「E」は経験を意味します。E-RYT500の資格を持つことで、RYT200やRYT500の先生を指導することができます。


E-RYT500を取得するには、以下のステップがあります。

  1. RYT200の取得: まずはRYT200の資格を取ります。

  2. RYS300のスクールに通う: RYS300の学校で学び、200時間と300時間のコースを合わせてRYT500の資格を取得します。

  3. 4年間の指導経験: RYT200の資格を取ってから4年間、指導経験を積む必要があります。注意点として、登録費用を毎年支払い続けないと、その期間はカウントされません。

  4. 2000時間の指導経験: RYT200を取得してから2000時間の指導経験を積む必要があります。この経験も登録費用を払い続けている期間のみカウントされます。

  5. RYT500取得後の追加500時間の指導: RYT500の資格を取得してからさらに500時間の指導経験が必要です。


効率的なE-RYT500取得のために

最も効率よくE-RYT500を取得するには、RYT500を取るまでに1500時間の指導を行い、取得後にさらに500時間指導することで、合計2000時間となります。RYT500を取得するまでに4年間とその後の500時間の指導経験を満たさないとE-RYT500を取得できませんので注意してください。


最後に

まずはRYT500を取得し、その後500時間の指導を行いましょう。RYT200を取ってから4年間の指導経験と合計2000時間の指導経験が必要です。E-RYT500を目指している方は、私の学校でのRYT500コースにぜひ参加してみてください。



全米ヨガアライアンスのゴール、E-RYT500を取得するまでの道のりについては、詳しくは動画にもお伝えしているのでこちらをご覧下さい。









ではまた。


閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page