top of page
検索
  • 執筆者の写真info458795

今こそRYS300を取得し、ヨガ RYT500 を目指そう!


こんにちは、ヨガ講師育成トレーナーのKenです。


今こそRYS300を取得し、ヨガ RYT500 を目指そう!その理由について解説してきましょう。



今こそRYS300を取得し、ヨガ RYT500 を目指そう!
今こそRYS300を取得し、ヨガ RYT500 を目指そう!


なぜ、今RYS300を取得するべきかをお伝えしたいと思います。


皆さんご存知の通り、RYS300は全米ヨガアライアンスが発行する資格の一つです。まず結論から言いますと、RYS300を取得することで、ヨガ教師としての質を向上させ、自分自身の学びを継続させることができます。その理由を具体的にご説明します。


1. 学び続ける姿勢をを保つため

せっかくRYT200を取得したのに、その後勉強を続けなくなることがあります。資格を取得したことで一安心し、教えることに集中するあまり、自分自身の練習や勉強が疎かになるのです。しかし、優れたヨガ教師であるためには、教えると同時に自分自身も常に学び続けることが重要です。そのため、RYS300を取得することで、初心を忘れずにヨガ教師としてのレベルを高め続けることが求められます。


2. 専門知識を深めるため

RYT200はヨガの基礎を学ぶもので、基本的なレベルの資格です。これをさらに深化させるためには、RYS300の取得が必要です。これは、医師が基礎医学を学んだ後に外科や内科などの専門分野を深めていくのと同じように、ヨガ教師としての専門知識を深め、指導の質を高めるためのものです。RYS300のプログラムでは、例えばマタニティヨガや骨盤ヨガなど、専門的なクラスを提供することで、より深い知識と技術を身につけることができます。


3. 教師としての資格要件の変更

2024年からE-RYT500の資格を取得していないと、RYT200のクラスを指導できなくなりました。これまではE-RYT200の資格で教えることができたRYT200のクラスも、制度変更によりE-RYT500の資格が必要となるため、早いうちから準備を始めることが重要です。




全米ヨガアライアンスの信頼性 ヨガ RYT500

全米ヨガアライアンスは、世界中のヨガコミュニティを代表する最大の非営利団体で、10万人以上のヨガ教師が登録されています。ここでの資格取得は、世界的に認められるものであり、信頼性と権威性が高いです。



RYTとRYSの違い

RYT(Registered Yoga Teacher)は、規定の時間数を学んだヨガ教師を指します。一方、RYS(Registered Yoga School)は、その教師を養成する学校を指します。RYT200は200時間のプログラムを修了した教師を意味し、RYS300は300時間のプログラムを提供する学校です。



まとめ

RYT200を取得したあと、早い段階でRYS300を取得することは、自分自身のスキルアップのため、初心を忘れずに学び続けるため、そして新しい資格要件に対応するために非常に重要です。オンラインでの取得が可能な今こそ、ぜひRYS300の取得を検討してみてください。





なぜ今こそRYS300取得が必要なのでしょうか!については、詳しくは動画にもお伝えしているのでこちらをご覧下さい。











ではまた。


閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page